【40代女性必見】ファッションで垢抜けるために知っておきたい3つのポイント

外出前の身だしなみチェックで鏡をみてみると、

「なんだか野暮ったくみえる」
「ちょっと老けてみえるかな?」

と不安を感じる40代の方は少なくありません。

ファッションに気を使っているにもかかわらず、なぜ垢抜けた印象にならないのでしょうか?

垢抜けた印象から遠ざかってしまう理由や、40代のファッションで垢抜けを目指す3つのテクニックをご紹介します。

40代女性の垢抜けポイント

 

垢抜けから遠ざかってしまう理由とは?


・服選びの基準が20代~30代の頃と変わっていない
・「まだ使える!」と思いとりあえず手元に残してしまいがち
・自分に似合う柄物の選び方がいまいちわからない
・カジュアル一択で体形カバーを優先しがち

40代女性が垢抜けファッションから遠ざかってしまう主な理由を4つピックアップしました。

40代は今まで着ていた服なのに急に似合わなくなってしまう現象が起こりやすいとき。
服選びの基準やいつまでも昔の服を手元に残したままだと、アラフォー女性の魅力が十分に発揮されません。

そもそも自分に似合う服がわからない方も多く、とりあえず体形カバーに走り迷走してしまうこともあるあるです。

40代女性の垢抜けポイント

 

40代ファッションで垢抜けを目指す3つのポイント


40代女性の魅力を引き出し素敵なファッションを身にまとうためのポイントをご紹介します。

 

流行を取り入れすぎない

くすみカラーやロングブーツ、ハイウエストボトムスなどの流行をあれこれと詰め込んでしまうと、ごちゃっとしたコーディネートになってしまいます。

なかでもくすみカラーの服は手にとったときにおしゃれにみえるものの、全身くすみカラーにするとボヤッとした印象になり、かえって古臭くみえてしまうのです。

40代女性の垢抜けポイント

 

服選びでは柄よりも素材に注目

垢抜けた40代のファッションを目指すときは、柄よりも素材に注目して服選びをしましょう。

同じTシャツでもハリ感のある素材なのかやわかな素材なのかによって、見た目の印象がガラリと変わります。
自分に似合う素材感がわかると服選びも楽に!一気に垢抜けコーディネートをつくれるようになりますよ。

 

体形カバーとみせる部分のバランスを意識

40代になると気になるのがウエスト周りや二の腕。
カバーしようと肌が一切みえない服を身にまとうと、抜け感がなく野暮ったさが強調されてしまいます。

気になる部分をカバーしつつ、手首や足首、デコルテなど所々のパーツだけ肌をみせるだけでバランスがとれた垢抜けファッションに!
冬はカラーバランスや素材で抜け感をつくるのがポイントです。

40代女性の垢抜けポイント

 

40代の魅力をアップさせる垢抜けファッションを実践!


これからの服選びだけではなく手元にある服を活かす方法もわかる、無料のメール講座『魔法のコーディネート術』10日間無料オンラインレッスンでは、40代女性の悩みを解決するテクニックをたっぷりと発信しています。

ファッションはむずかしいものではなく、ちょっとしたコツを知る・やってみるだけでガラッとおしゃれに変わるものです。
現在ファッションについて悩みを抱えている方は、無料メール講座でゲットできるちょっとした工夫を毎日のコーディネートに役立ててみませんか?

『魔法のコーディネート術』10日間無料オンラインレッスン
▲ ▲ ▲
登録はこちらから

 

 

-40代・50代におすすめなファッションとは, Blog