50代「何を着ても似合わない」と感じた時、こんなことしてませんか?

投稿日:2019年9月30日 更新日:

 

40〜50代の方向けのファッションの講座を行っているなかで本当にたくさんのお悩みやご相談をいただきます。
その中で特にご相談いただくことが多いお悩みについて、なぜ悩んでしまうのかという原因とその解決法をご紹介していきます。

 

50代、多くの女性が服装に悩むタイミングです

 

「何を着ても似合わない‥‥」

「どんな服を着ればいいか、わからない‥‥」

40〜50代、特に50代の方からよくお聞きするのがこのお悩みです。

 

今まで着ていた服がしっくりこないと感じたり、お店でいいな〜と思った服を着ても、改めて着ると似合ってなかったり野暮ったかったり、、、ということがよく起こります。

 

50代の服選びは迷走ばかり…

 

そして、どうしたらいいのかわからないから、また新しい服を買いにいったり、逆に処分しすぎて「着る服がない!」となってしまったり、ということをやってしまいがちでもあります。

でもその前に、なぜ「何を着ても似合わない」と感じてしまうようになったのでしょう?

その原因を知ると、解決法が見えてきますよ^^

 

 

50代になると、何を着ても似合わないと思う原因は?

 

「何を着ても似合わない」と感じてしまうよう原因はいくつかありますが、

主に、

  • 体型の変化
  • お顔立ちの変化
  • お肌のくすみ

など、年齢によって起こる、外見の様々な変化が原因で、「何を着ても似合わない」と感じてしまうようになるのです。

 

 

何を着ても似合わない時に、ついやってしまうのは・・・

 

何を着ればいいかわからなくなってしまうと、不安から、何か新しい服を買わなくては、と思ってしまいがちですよね。

だからといって、むやみに新しい服を買ってしまうのは、逆効果になってしまうことも。

 

もちろん新しい服を買うこと自体はいいのですが、服選びで気をつけてほしいことがあるんです。

 

 

「何を着ても似合わない」と感じた時に、やってはいけない3つのこと

 

それでは、服選びで気をつけてほしい3つのことを説明していきますね。

 

①レースや花柄を取り入れない。

  何を着ても似合わないと感じる 50代がやりがちなこと

服を着て、なんとなく寂しい・物足りないと感じてしまうと、「服がシンプルだから変なんだ。もうすこし女性らしい飾りのある服を着たら、華やかになるかも」と考えてしまうことが多いです。

 

この女性らしい飾りのある服、どんなものをイメージするかというと、レースや花柄、フリルなど、可愛らしい装飾を思い浮かべる方がほとんどだと思います。

 

このレースや花柄、若い子が着ると可愛らしい印象になりますが、50代が着ると逆におばさんっぽくなってしまうことが多いのです。

極端な例ですが、こんなイメージです。

何となく想像できましたか?

 

全ての方に当てはまるわけではないですが、レースや花柄、フリルなど、可愛らしい装飾は取り入れるのが難しいことが多いので、特に、何を着たらいいのか全然わからないような時には、手を出さない方がいいと思います。

 

 

②体型カバーで、体を隠しすぎない

何を着ても似合わないと感じる 50代がやりがちなこと

 

私たち世代は、お腹が気になる、お尻を隠したい、足や腕を出したくない、と体のいろんなところを隠した苦なってしまいますよね。
そんな時は、チュニックのようなすっぽり隠せる服で簡単に体を隠そうとししてしまいがちです。

 

でも、例えばすっぽり隠せるチュニックは、上半身が重たい印象になったり、逆に太ってみてしまうこともあり、スタイル良く見せようと思って着ているのに、逆効果になっていることが多いんです。

ですので、服で隠そうとするのではなく、大きく見せるところと、キュッと締めるところをつくり、コーディネートに程よくメリハリをつけた方が、スタイル良く見せることができますよ^^

 

 

③無難な、くすみ色に注意!

何を着ても似合わないと感じる 50代がやりがちなこと

ベージュ・グレー・薄紫・くすんだピンク・・・

気がついたら、そんな色ばかり着てる、なんて事ありませんか?

無難で何にでも合わせやすいと思って、そういう色を選んでいるのかもしれませんが、そのくすんだ無難な色がコーディネートのメリハリをなくし、さらに顔映りまで寂しくしてしまうかもしれません。

 

もちろんパーソナルカラーに合っているのであればOKなのですが(主にサマータイプがこれにあたります)、もしそうじゃないとしたら、顔色が悪く見えたり、寂しい印象になってしまったり、表情がぼんやりした雰囲気になってしまうことが多いのが、このくすみ色です。

(要するに地味ってことです^^;)

 

こんな風に、無難だからと選んだ色が、逆効果になってしまうこともありますので、試着の際に顔映りをよく確認してくださいね。

 

 

50代、着る服に迷ったら…

 

「何を着ても似合わない」、「どんな服を着ればいいか、わからない」そんな時に新しい服を買おうと思っている際には、上の3つをやっていないか、チェックしてみてくださいね。

その上で、コーディネートの基本(スタイル良く見える服の着方)に立ち戻ることで、今の年齢の自分に合う服装に出会えるようになっていきますよ!

 


 

 

【50代】コーディネートの基本を身につけて、ステキに変わられた事例をご紹介しています。
↓ ↓ ↓

 

◆神奈川県 Y様のビフォー・アフター

「今まで着ていた服が、似合わないと感じてきた」という状況から、大人のかっこいい女性に変身された様子をご紹介しています。

50代のビフォーアフター・ファッション講座の変身事例Y様

 

 

◆北海道 M様のビフォー・アフター

「骨格診断を受けたけど自分に落とし込めなかった…から何とか脱却したい」と思っていたM様がモデルのようにステキに変わられた様子をご紹介しています。

50代のビフォーアフター・ファッション講座の変身事例M様

 

ここまで読まれた方に、こちらの記事もオススメです

無料メール講座:”おばさん“になりたくない40-50代必見!垢抜けマストアイテム 厳選10

40代・50代のためのおすすめアイテムや、やりがちな失敗例などが満載の<無料>で読めるメール講座です。気になった方は、まずはここから始めてみてください^^

体型が変わって、何を着たらいいか分からなくなってしまったら
体型が変わって着れる服が限られてしまい、服選びができなくなる悪循環から抜け出す、3つのポイントをご紹介しています。

 

-40代・50代におすすめなファッションとは, Blog

Copyright© , 2021 AllRights Reserved Powered by micata2.